ヨガインストラクターとヨガインストラクターを目指す人のためのブログ

全米ヨガアライアンスRYTの情報を中心に、ヨガインストラクターにとって有用な情報を発信します。

ヨガスタジオ・フィットネスクラブでのヨガインストラクターとしての働き方

 多くの方がヨガインストラクターと聞いて、初めにイメージするのはこのヨガスタジオ・フィットネスクラブでのヨガインストラクターではないでしょうか。ここでは、2つの異なる雇用形態について、お仕事を得るまでの流れを見ていきます。一つ一つ過程の細かな内容は、別の投稿で解説します。


正社員としての面接

正社員としての採用 

 ホットヨガを中心に大手のヨガスタジオやヨガ部門を持つ会社での正社員採用を狙う場合は、他の就職と同じような新卒採用や転職活動の情報をご利用下さい。

 基本的には、入社後その会社様に合った人材になるための研修があると思います。入社前には、人間性や基礎能力などのポテンシャルを重視される傾向にあると思います。

個人スタジオなどでの採用活動

フリーヨガインストラクターとしての業務委託

 ほとんどのヨガインストラクターは、フリーとしていろいろなヨガスタジオ・フィットネスクラブを掛け持ちして、経験を積んでいくスタイルになると思います。家事・育児との両立を考えたり、副業として考えたい場合は、この業務委託になります。

 この場合の収益化の流れだけを見ていきます。各段階の細かな解説については、別の投稿で行います。


1. 開業届を管轄の税務署に提出

2. 通える範囲のヨガスタジオ・フィットネスクラブをリストアップ

3. 各ヨガスタジオ・フィットネスクラブにインストラクター募集状況をヒアリング

4. 履歴書などを送って応募

5. 面接やオーディション(各機関で流れは違います)

6. 採用

7. 2/15 - 3/15に確定申告

出張ヨガインストラクターとしての働き方
ヨガインストラクターとしての働き方はどのようなものがありますか?

関連する投稿

オンライン完結RYT500養成講座受付中!

まずは、楽しいカラー資料請求をお願いします。

ヨガスタジオぼっこのロゴ
全米ヨガアライアンス認定ヨガスクール(RYS200, RYS300, RYPS)ぼっこ

© 株式会社ぼっこ