ヨガインストラクターとヨガインストラクターを目指す人のためのブログ

全米ヨガアライアンスRYTの情報を中心に、ヨガインストラクターにとって有用な情報を発信します。

RPYTって何ですか?

RPYT RPYT

RPYTは、Registered Prenatal Yoga Teacherの略で、全米ヨガアライアンスが認定するマタニティーヨガインストラクター資格です。 RPYSが行う85時間の講習を受けた後、全米ヨガアライアンスのページで登録することが出来ます。 登録にはさらに2つ条件があり、 ・RYT200に登録していること ・RPYSの講習修了後、30時間の妊婦向けヨガレッスンの経験がある を満たしている必要があります。 RPYTは助産師、看護師、保育士、出産経験者などとの相性が良く、妊婦の移動が難しいため、地域に根ざしたサービスやオンラインサービスで独自性を出していきやすいです。また、ご自身の妊娠に備える意味でご受講になる方もおられます。 RPYTになるためにRPYSで行われる講習の内容は、 ・...

続きを読む
  424 ヒット

RYT500って何ですか?

RYT500 RYT500

RYT500とは、Registered Yoga Teacher 500の略で、 全米ヨガアライアンスの認定するヨガインストラクター資格の中で上位のものです。 合計で500時間の講習時間が必要です。 RYT500に登録する方法は、2つあります。 ① RYT200に登録の後、RYS300アドバンストトレーニングを受講する。その後、全米ヨガアライアンスのHPでRYT500に登録する。 ② RYT500養成講座を受講する。その後、全米ヨガアライアンスのHPでRYT500に登録する。 それに加えて、100時間のヨガレッスン経験が必要ですが、これは普通にヨガの仕事をしていれば、難なく達成できる基準かと思います。 登録料・入会費も含めた原情報はこちらです。 日本の養成講座を受ける場合は、英語が出来なくて...

続きを読む
  551 ヒット

RYT200って何ですか?

RYT200 RYT200

RYT200は、Registered Yoga Teacher 200の略で、全米ヨガアライアンスが認定する最も基礎的なヨガインストラクター資格です。 この資格を取得するためには、全米ヨガアライアンス認定スクールRYS200にて200時間の講習を修了した後、全米ヨガアライアンスのページで登録をする必要があります。 RYT200養成講座を受ける方が、理解している必要はありませんが、RYS200ではヨガアライアンスの基準に合うような教程を提出して認定されています。そのためには、図にあるように、 ・ヨガ技術(ポーズ・呼吸など) ・解剖学・生理学 ・ヨガの人間性に関わる側面(歴史・哲学・倫理) ・ヨガを仕事にする上で必要な事 の各項目に対して、必要時間の講習を受ける必要があります。合計の学習時間は2...

続きを読む
  546 ヒット

RYTとRYSの違いって何ですか?

RYSとRYTの違い RYSとRYTの違い

ヨガインストラクター養成をやっていて時々聞かれるのが、RYSっていう言葉とRYTっていう言葉を聞くんだけど、何が違うんですかってことですね。 RYTは、Registered Yoga Teacherの略で、登録ヨガ講師ということです。 一方で、RYSは、Registered Yoga Schoolの略で、登録ヨガスクールということです。 つまり、RYSはヨガインストラクターを養成する学校を表していて、その学校の講習を修了して、全米ヨガアライアンスに登録しているヨガインストラクターが、RYTになります。 RYSは、全米ヨガアライアンスのスクール検索ページで探せます。 RYTは、全米ヨガアライアンスのインストラクター検索ページで探せます。 全米ヨガアライアンスのインストラクター検索ページ こちら...

続きを読む
  399 ヒット

RCYT講座が加わり、全ての全米ヨガアライアンス資格が取得出来るようになりました!

無料の資料は「ヨガのお仕事図鑑」や「お得な割引クーポン」も入ったわくわくのセットです


© 株式会社ぼっこ