ヨガインストラクターとヨガインストラクターを目指す人のためのブログ

全米ヨガアライアンスRYTの情報を中心に、ヨガインストラクターにとって有用な情報を発信します。

貸し会場ヨガ

 お寺のお堂や公民館の会議室などを借りて、定期的にヨガ教室を行って成功する例は多いです。また、集客や接客、レッスンと一通りのヨガ事業の要素が詰まっていますので、RYT200取得後、はじめに取り組むには最適な形態かも知れません。自分のペースで行えるので、副業にも向いていると思います。


様々な経験が出来る

貸し会場ヨガで一通りのことは学べます

 コンセプト作り方、レッスンの構成、集客など、求人・雇用以外の一通りの事は、貸し会場ヨガで学ぶことが出来ます。ですので、RYT200になったあとの初めのチャレンジとしては、最適だと思います。

 副業としても可能ですし、場所をある程度離せば、スタジオインストラクターとの兼業も可能です。


ビジネスは育てる楽しみもある

問題はスケーラビリティー

 ヨガのお仕事に何を求めているのかによるのですが、貸し会場ヨガの最大の問題点は、規模拡大が難しいという事です。結局、自分が行く時間の分しか生徒さんを取れないので、限界があります。

 人を雇って展開するのであれば、ものも置いておけないし、貸部屋は割高な傾向があるので、スタジオを設立した方が良さそうです。

 貸し会場ヨガで経験を積んで、自分のスタジオを持つ準備にするというのがよいかもしれません。


  課題は集客

 RYT200養成講座のしっかりしたものを受講されれば、ある程度のヨガレッスンは出来ます。会場を探すことも意外に簡単で、むしろ複数の候補から選ぶ方が難しい位なので、問題はありません。やはり、躓くのは集客だと思います。どのように知ってもらうのかが分からない方がほとんどだと思います。ぼっこの養成講座では、中井香菜の経験を包み隠さず解説していますし、高機能掲示板、ZOOM、対面実習などで、集客のアドバイスを行っています。

ヨガスタジオ設立は夢への入り口
出張ヨガインストラクターとしての働き方

関連する投稿

オンライン完結RYT500養成講座受付中!

まずは、楽しいカラー資料請求をお願いします。

ヨガスタジオぼっこのロゴ
全米ヨガアライアンス認定ヨガスクール(RYS200, RYS300, RYPS)ぼっこ

© 株式会社ぼっこ