ヨガインストラクターとヨガインストラクターを目指す人のためのブログ

全米ヨガアライアンスRYTの情報を中心に、ヨガインストラクターにとって有用な情報を発信します。

RYT200って何ですか?

RYT200は、Registered Yoga Teacher 200の略で、全米ヨガアライアンスが認定する最も基礎的なヨガインストラクター資格です。

この資格を取得するためには、全米ヨガアライアンス認定スクールRYS200にて200時間の講習を修了した後、全米ヨガアライアンスのページで登録をする必要があります。

RYT200の基準

RYT200養成講座を受ける方が、理解している必要はありませんが、RYS200ではヨガアライアンスの基準に合うような教程を提出して認定されています。そのためには、図にあるように、

・ヨガ技術(ポーズ・呼吸など)

・解剖学・生理学

・ヨガの人間性に関わる側面(歴史・哲学・倫理)

・ヨガを仕事にする上で必要な事

の各項目に対して、必要時間の講習を受ける必要があります。合計の学習時間は200時間になります。

1日に集中して学習できる時間が6時間とすると、26日程度の講習になります。

週に1回の養成講座であれば半年程度、週に2回の養成講座であれば3ヶ月程度の期間が必要です。

RYT200はいろいろなヨガクラスを出来ます

認知度が高く、評価が高いため、ヨガインストラクターになるために、最もコストパフォーマンスの ヨガインストラクター資格です。

RYT500って何ですか?
RYTとRYSの違いって何ですか?

関連する投稿

オンライン完結RYT500養成講座受付中!

まずは、楽しいカラー資料請求をお願いします。

ヨガスタジオぼっこのロゴ
全米ヨガアライアンス認定ヨガスクール(RYS200, RYS300, RYPS)ぼっこ

© 株式会社ぼっこ