ヨガインストラクターとヨガインストラクターを目指す人のためのブログ

全米ヨガアライアンスRYTの情報を中心に、ヨガインストラクターにとって有用な情報を発信します。

RPYTって何ですか?

RPYTは、Registered Prenatal Yoga Teacherの略で、全米ヨガアライアンスが認定するマタニティーヨガインストラクター資格です。

RPYSが行う85時間の講習を受けた後、全米ヨガアライアンスのページで登録することが出来ます。

登録にはさらに2つ条件があり、

・RYT200に登録していること

・RPYSの講習修了後、30時間の妊婦向けヨガレッスンの経験がある

を満たしている必要があります。

マタニティー

RPYTは助産師、看護師、保育士、出産経験者などとの相性が良く、妊婦の移動が難しいため、地域に根ざしたサービスやオンラインサービスで独自性を出していきやすいです。また、ご自身の妊娠に備える意味でご受講になる方もおられます。


RPYTになるためにRPYSで行われる講習の内容は、

・妊娠に関する一般知識

・マタニティーヨガ技術(ポーズ・呼吸など)

・教授法(クラスの作り方など)

・解剖学・生理学

・哲学・倫理

・実践

・課外科目

で構成されていて、その内訳はこちらで公開されています。

RPYSがすでに全米ヨガアライアンスとやりとりをして、認定された講習を行うはずですので、細かい時間割や英語を理解している必要はありません。
気になっているスクールがRPYSかどうかは、全米ヨガアライアンスの検索ページでPRYSを検索することで分かります。

RCYTって何ですか?
RYT500って何ですか?

関連する投稿

オンライン完結RYT500養成講座受付中!

まずは、楽しいカラー資料請求をお願いします。

ヨガスタジオぼっこのロゴ
全米ヨガアライアンス認定ヨガスクール(RYS200, RYS300, RYPS)ぼっこ

© 株式会社ぼっこ